ホーム > 会議レポート > 富士山世界文化遺産学術委員会

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

富士山世界文化遺産学術委員会

富士山世界文化遺産協議会に対し、学術的な見地から資産及びその周辺環境の保存管理と整備活用に関する助言、報告を行ため、平成24年1月25日に設置されました。世界遺産、景観、芸術、信仰、行政法や火山等、様々な分野の学識経験者で構成されています。

区分

開催日

開催内容

第1回

平成26年2月26日

イコモスによる評価及び世界遺産委員会による決議への対応について

今後の予定及び学術委員会の進め方について

第2回

平成26年5月28日

世界遺産富士山ヴィジョン案について

各種戦略骨子案について

今後の予定について

第3回

平成26年9月25日

世界遺産富士山ヴィジョン案について

各種戦略案について

富士山世界遺産センターについて

第4回

平成26年11月26日

世界遺産富士山ヴィジョン案について

各種戦略案について

第5回

平成27年5月26日

イコモスからのコメントへの対応

ヴィジョン及び各種戦略について

包括的保存管理計画の改定について

第6回

平成27年10月1日

詳しくはこちら

今夏の富士山の状況について

ヴィジョン・各種戦略及び包括的保存管理計画について

第7回

平成28年9月27日

詳しくはこちら

今夏の富士山の状況について

第40回世界遺産委員会決議への対応

経過観察指標に係る年次報告について

第8回

平成29年2月10日

詳しくはこちら

保全状況報告書について

来訪者管理戦略に係る指標等の設定について

平成27年度経過観察指標に係る年次報告について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。