ホーム > 情報ライブラリ > 保全状況報告書

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

保全状況報告書(2016年1月ユネスコ提出)

第37回ユネスコ世界遺産委員会決議で示された指摘・勧告・要請に基づき、保全状況報告書を作成・提出しました。

保全状況報告書は、世界文化遺産富士山ヴィジョンと7つの戦略、改定した富士山包括的保存管理計画で構成しています。

 

保全状況報告書(2018年11月ユネスコ提出)

第40回ユネスコ世界遺産委員会決議で示された要請・推奨に基づき、保全状況報告書を作成・提出しました。

保全状況報告書は、2016年1月に提出した前回の保全状況報告書に示した「ヴィジョン・各種戦略」等に基づき実施している保存・活用の施策の進捗状況等を記載しています。

 ●保全状況報告書(SOC総括レポート)(PDF:289KB)

 ●附属資料保存管理の実施状況

 ・目次・1章 富士山ヴィジョンに基づく各種戦略の進捗状況(PDF:880KB)

 ・2章 下方斜面における巡礼路の特定(PDF:2,426KB)

 ・3章 来訪者管理戦略(PDF:1,921KB)

 ・4章 上方の登山道等の総合的な保全手法(PDF:1,040KB)

 ・5章 情報提供戦略(PDF:1,661KB)

 ・6章 危機管理戦略(PDF:345KB)

 ・7章 開発の制御(PDF:2,805KB)

 ・8章 経過観察指標(monitoring indicators)の拡充・強化(PDF:1,189KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。